中学受験の算数の難易度はとても高いです

2016年度の実践女子中学の合格体験記などにも書かれていますが、有名中学校の受験において出題される中学受験の算数の問題はとても難しいです。大人から見ると難しいけど面白い問題が多いです。単純計算をさせられることはほとんど無く、柔軟に問題を解答していく態度が必要です。

中学受験だから問題集をやって暗記をすればいいという安易な考えでは成功をすることは殆ど無いと感じています。息子も暗記は嫌だと言っていました。頭が痛くなるのだそうです。暗記は無理やりやるものではなく日常生活をしていくうちになんとなく覚えていくのです。短期間のうちに詰め込むのは良くないです。

特に算数は考える能力を育てる教科です。暗記はその旨味を捨ててしまうことになりますから気をつけなければならないのです。中学受験の算数ですぐに点数が取れる方法はないなあと、私は感じたのです。

子供の人生は最終的には本人が選択すること

中学受験を成功させるために息子と一緒に親としての私も勉強を考えていかなければならないと自覚したのです。まだ若いのでそこまで無理をする必要もないと思います。受験は高校と大学の2つが残っていますし、そちらで成功すればいいのではないかとも思ったのです。子供の人生は最終的には本人が選択することですし、それに大人が干渉する権利は無いと考えています。