中学受験にむけての算数

息子が中学受験をすると決めたのは小学五年生の時でした。いざ受験モードに切り替えようとしても特にどのような勉強をしたらいいかわからず、個別指導の塾に通わせました。特に算数に関しては毎回テストでいい成績をとっているため、得意教科だと思っていたのですがいざ塾でテストを受けるとかなり低い評価をもらいました。テストが返ってきて私も息子も頭を抱えましたが、塾の先生からアドバイスをいただきました。

具体的に言うと、中学受験に向けて算数で必要なことは論理力、思考力だということです。小学校での算数は基本的な計算やほぼパターン化された問題が多く、単元ごとの出題が多いため学校のテスト等ではやり方さえ覚えてしまえば誰でも解けるのです。私の息子もそのパターンの生徒でした。なぜ分数の割り算は逆数にしてかけていいのか、なぜ式を立てるときにこれで割るのか、具体的に考えている子がここに何人いるのでしょうか。もちろん中学受験に向けて公文に通わせることも検討しましたが、このアドバイスをいただいて個別指導の塾にしたことをとてもよかったと思っています。公文では主に計算スキル、前述の基本的な計算の部分を鍛えることになりません。もちろん塾に行かないとしても、なぜこの式になるのか特に立式の部分を鍛えるといいと思います。